重度知的障害、自閉症のta-sanと二人で

重度知的障害、自閉症、強度行動障害の息子と生活しているシングルファーザーのブログです

強度行動障害の思い出-2

◎はじめに



我が息子と、障害者に対して

不快な気持ちになる言葉が

書いて有ります





嫌な人は、スルーして下さい!





重度知的障害、自閉症の息子ta-sanと

父親papa の

四年前の思い出です!




今も

自閉症の困難は、多々あり

大変ですが

行動障害は、落ち着いています







我が子の、障害や

強度行動障害の受容って何なんでしょうかね?

段階を踏んで

慣れろと言う事かな?






それも、障害児育児に大事だと思うけど






人間として云々と言うより



母の覚悟でしょうか?





母親って凄いですよね!




育児ブログを読んでいると

良くわかります





papaは、受容が出来ているのかな〜?






9月終わり頃、久しぶりに

思い出深い場所に

一人で、ウォーキングをして来ました








◎歩く訓練の思い出













四年前の

この頃、ta-sanの行動障害は酷く

安定剤の薬物は増え

ta-sanを見た精神科医も入院を勧め

睡眠薬と、どんぷく薬の使用も勧められ

処方がされていました




そして

何の知識も無いpapaは

何をどうすれば良いのか分からず

オドオドするだけで

薬物に頼る毎日

その薬物も効かず?

錯乱している様な姿のta-sanを前に

いつも、頭の中は真っ白でした






親の過ちにより

ta-sanに精神薬と言う薬物を飲ませるたびに

papaの心は悶え苦しみ

申し訳無い気持ちで、いつも一杯になりました

その、薬物をta-sanに飲ませるために

飴玉で誘い、嘘を付き、褒め称え

強化するのです!

毎日の薬の時間には、涙が潤みました





こんな、ta-sanに寄り添いながら

やっとの思い出、離婚裁判を終わらせて





25年間、続けた仕事ともサヨナラをして




papaは自分の人生を捨てた様な

なんだか、ぼろぼろになった感じで

それでも、何とかしなきゃ!と思い





知識の無い頭で

とにかく

児相など、相談機関への

連絡をしなくてはと考え





男のプライドなのか?世間体なのか?

恥なのか?





先の事がわからない、恐怖心なのか?





受話器を手に取っては、置き

電話番号を押しては、消すを繰り返し





情けなくなり




やっとの思い出

意を決して,相談機関と話すも

相談機関は、上手く、上手に対応して

キッパリと、「こちらでは?」と





毎回、急ぎ早やに電話を切られ

答えはおろか

情報も無い

教えてくれ無い






その度に、意を決した心が折れました!





でも、今思えば

これはこれで、弱いpapaには良かったなって

今は、凄く思います





誰も、助け無い

自分で、やるしか無い

この気持ちが固まり

また、大事な事を、再確認出来たんだと思います








2人の事を、何も知らない

他人の言う事を聞いても

ta-sanにとって、何が正しいのか

分からなくなり

何も出来なくなります




幸せは、papaとta-sanと二人で掴むもので

誰も与え無いし、勝手に来る物でも無いし

二人でやるしかないと

あの時

強く思えたんだと思います





弱いpapaは

当たり前の

こんな事が再確認出来たんだと思います







そして

何を、どうすればいいか、わからない

四年前の

この頃




いつも

この、人が居ない一本道に来ました

毎日、毎日散歩です!





この道を、行ったり来たりします




散歩と言っても

そんな良いものでは無く

調教の様でした




大した距離はありませんが

何時間も居ました





限界が有るのか?無いのか?分から無いのか?




前も、後ろも見ずに



自分の世界だけを見ている様に

時には、下を向いたまま




全力で走り回るta-san




寒い冬でも

寒く無いのか?分から無いのか?

全力で

服、ズボンを脱ぎ捨てる




裸のまま

いつまでも草むらに潜り込み

出てこない




手を引き

引っ張り出すと





次には

水溜りの中に寝転び

大きな奇声を上げ

噛み付いてくる





棒を拾い、振り回して

石を投げてくる

これだけは?自慢出来るぐらいに上手い😔

凄い勢いで、的確に当てる





papaが油断をすると

あっと言う間に

田んぼにダイブ!





田んぼに、はまり出れないta-sanと

2人で、ドロドロ










それでも

毎日毎日お散歩した






「止まれ」「歩く」と、何度も言いながら

全力疾走の2人






道が何なのかさえも

分かっているのか?分かってないのか?






それでも

道を、それずに、真っ直ぐに

「歩く」「止まる」の練習






時折

ta-sanは、チョコンと座り込み

水路の流れる水を、じっと見つめる!






じっとして、真剣に見つめる

その姿は

まるで、小さな小さな

とても可愛い子供の仕草その物で

たまらない気持ちになりました





そして、疲れや、恐怖心から

解放されるこの時は

1時間でも、2時間でも付き合えました




そっと

後ろからハグもさせてくれました




汗まみれのta-sanだけど

その匂いを、そっと嗅ぐと


赤ちゃんの時の匂いと

同じ

何も変わらなかった

いつも、良い匂い





分娩室から出て来た時のあの匂い

変わらない






初めてta-sanを見た時に

本気で思ったのです





目も片方、あげる!

血も半分あげる!

何かあれば必ず守る




..............幸せにすると誓った!..............






今もなお



心も、体にも臭みが無くて



あの頃のまま




..............良い匂いの



....................ta-sanなんです






足はチョット、くちゃいけどね!





今現在は

お散歩が趣味で、上手です!



最後まで

ありがとうございました!




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

支援学校-刺し子の思い出

◎はじめに


今日は

支援学校に於ける

ta-sanとpapaと

そして、以前の担任先生の思い出話です





また

私は、障害者の医療や療育に携わる者では無く

ta-sanと言う

重度知的障害、自閉症の息子の親であると

いうだけで、教える立場には居ません!

私の、勝手な言い分です


いつも、すみません












記事の中で


癇癪、他害と書きますが


これは

寝転び暴れる、蹴り、殴る、噛み付く

物を投げ付ける、破壊する、引っ掻く、掴む

又は、自傷をする





この様な問題行動ですが

いわゆる、不良の暴力や嫌がらせでは無く





コミュニケーション能力に乏しい彼らの

要求を伝える1つのツールです




それだけでは、有りませんが

癇癪、他害、自傷

私達の、生きていく上で大事な言葉と同様

彼らの、生きて行く上で大事な言葉で有ります





しかしながら

当然、

癇癪、他害自傷が良い訳がなく

これを、良い行動に変える必要があります




かなりの努力と

私の勝手な言い方ですが

一言で言えば

死ぬ程の覚悟が必要です




強い言い方ですが

やるしか有りません








◎譲歩が無い先生








ta-sanは、この頃

親の過ち、そして対応の不味さから

癇癪、他害が強化された

言葉が無く、コミュニケーション能力に乏しい

ta-sanは

完全に、癇癪、他害が言葉の一部になった




要求が有れば、癇癪、他害、自傷

拒否反応にも、癇癪、他害、自傷

注目にも、癇癪、他害、自傷

喋れず、伝える方法を

これしか持ち合わせていないのだから

当たり前だ




そんな中

ta-sanの担任になった先生




この先生のやり方を見たら

誰でも

教師の虐待を思うかもしれない!




酷いの一言しか無いと思う!




初めは私も疑った




この先生のやり方に

バトルも繰り広げた





この時、安定期にあった

ta-sanなのに

登校拒否も拍車がかかり

精神の不安定も繰り返し

ストレスは、増大され

家庭での行動障害は酷い物になって行った





手が震え

とても不器用なta-sanに

「自分で、やれ」

その一言だけ





そして

不器用なta-sanは

刺し子の授業(家庭科)が大嫌い





いつも怒り

何でも無理やり、やらせる

この先生が、ta-sanは、大嫌い






癇癪を起こし

先生に向かって行くta-san

時には、先生に道具も投げ付ける




しかし

この先生

全く動じない




それどころか

親の前でも何でも

ドアが響くほど怒り💢





一からやり直しをさせる





タコの様に赤くなり

鬼の様な形相で

壊れんばかりに、震えるta-san




絶対に引かず

最後までやらせる先生




私が居ようと

御構い無し




ある時

先生と本気で話し合った

私は

先生の、おかげで、家庭は酷いものだと言った



ta-sanの精神状態の事も

虐待され怒鳴られてきた

ta-sanに対して、叱ると言う副作用も

先生に解いたが





先生も、また私に、御自身の持論を

解いた




先生は、ta-sanの障害の事を良く分かっていて

本気だった




papaはこの先生と

沢山、沢山意見交換をした





先生は言った






「papaさんとta-sanを

将来楽にしたいんです

幸せになってもらいたいんです

お父さんは、行動障害と本気で戦っています

私も、戦います」




毎日毎日

遅刻をして来る、私とta-sanを

校舎の玄関で待ち構えてくれる先生




今日は40分過ぎの遅刻、さすがに

居ないだろうと思っていても待っている先生




「何かあれば、電話して下さい

ご自宅に行きます

執拗が有れば、朝も迎えに行きます」





いつも

そう、言ってくれた!




虐待と、とらわれ

自分が悪者になっても

持論を変えず

いつも厳しい担任先生




ta-sanの大っ嫌いな先生




朝の校舎の玄関で

先生を恐れて、暴れて先生を叩く所から

学校生活の、1日が始まる!






そんな

ta-sanの

今現在、1番の宝物








............担任先生




..................あなたの写真です......











二学期も終わり


三学期初め頃

いつもの様に遅刻登校のta-san

玄関で先生を見つけて

嬉しそうに

ニヤリ!




先生が、出張でお休みの時には

玄関で先生を必死に探すta-san

居ないとわかると

下を向いて、ちょっと寂しそう




恐怖症の有るta-sanは

この頃、

恐怖心が出れば

この先生に抱きつき

安定、安心をもらっていた!





担任先生は残念な事に

本当は次の年も居る予定だったのに

先生の親が倒れ

故郷に帰り、教員を辞めざる終えなくなった







いつも

強度行動障害の有る、我が子に

刺し子を教えてくれた

担任先生







一針、一針

丁寧に教えて下さった







..............叩かれても、一針




....................投げつけても、一針








命がけの一針




魂の一針










今はもう、いない先生





しかし

ta-sanの胸の中には

先生の思いが、ちゃんと届き

いつも先生が居る様だ











「自分でやる」という




とても大事な成長を付けてくれた先生





刺し子という作業から

障害が有る我が子の、人生を広げてくれた





先生




私達親子の



..............命の恩人でしか無い







◎最後に






papaは

支援学校の先生を

沢山見てきた



小さな女子先生が

自分よりも

とても大きな男子生徒に迫られても

一歩も引かず

指導する場面も見てきた!



痣も有る



先生も

命がけだ




そんな先生方の

「ダメだ」と、命をかけた指導を

家庭では「良し」とすれば

その大事な指導は死ぬ!意味を成さない!




支援学校では

トイレ指導や

お風呂学習





様々な指導がある


無理やりの時もあるかもしれない




それでも先生と共に子供を成長させて

もらえたらと思う





支援学校の先生は子供の為に本気です





因みに

papaは、ta-sanと共に

支援学校の先生に

成長させて頂きました



何とも

情けないダメダメpapaなんです😂





担任先生が、いなくなる日

papaのありったけの「ありがとう」を

伝えに行ったら


担任先生が最後に言った





「私は、何もしていません

ta-sanの教師をしただけです

家庭でお父さんががんばってくれたから

ta-sanは成長したんですよ

最後に、お父さんに怒られなくて良かった

ありがとう御座いました」と、言った!




誰が正しく

凄いのか

バカな私にもわかる




............支援学校の先生




.................スーパーティーチャーですね




ta-sanとpapaの事、思いを

書かせて頂きました


すみませんでした!




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

自閉症児育児ランキング

強度行動障害の思い出-1

◎はじめに




我が息子と障害者に対して

不適切な言葉が、沢山書いてあります

とても不快な気持ちになります





嫌な人はスルーを、お願いします!





この頃は

このブログが

グーグルから検索されている様で

前の記事に、コメントが付いたりします




検索理由は、様々でしょうが

苦しみの中で、読む人もいるのかな?

私も

以前、苦しくて苦しくて、そうしていました




このブログを始めた頃は

障害児育児と行動障害の記事を思い出しながら

書いていましたが

なんか、思い出すと、ヤッパリ

苦しくて苦しくて

気持ちが凄く落ちて行くのがわかり

辛くて

途中から

変てこりんな記事を書いて

面白がっていました!




でも、それは

私には、とても良い事でした

凄く明るい気持ちになれたし

気分もとても良かったです




くだらない記事に

ブコメやコメントやスターも

沢山付けてもらい

それを見ると

本当に、元気が出ました





いつも、ほとんど1人でいるので

とても嬉しかったです!




ブログを始めて良かったです



ご迷惑をおかけいたしますが

くだらない記事も続けさせて下さいね



皆さま、本当にありがとうございます!



そして、すみません!






そんで、私もそうだったんですが

似たような境遇にある人のブログを読んで

随分共感させて頂き

勇気をもらったり

時には、それをヒントに療育を行なったり

本当に、気持ちの上で助かったわけで



私も、経験したり、思った事を

また、たまには!

書こうかなと思います








◎思い出-1





重度知的障害のta-sanは

強度行動障害と言われてから

四年が経ちました



今は自閉症あるあるで

大変な事も多々ありますが

落ち着いています




四年前は

犬の様に吠え、噛みつき

イノシシの様に走り、何にでも突進し



レンガを掴み

カンズメを投げつけ

食事をテーブルごとひっくり返し

ゴリラの様に暴れる!



テレビも

ストーブも

タンスも

ガラスも

何もかも、一瞬にして破壊する




時には自分さえも破壊




キチガイを初めて見た感じ

親として、何とも言えない気分





家の中に像がいるみたい





一瞬だって

油断できなかった




何が起きるかわからない




私は、いつも家の中で

帽子をかぶり

リュックにクションを詰め

それを背負い



枕や、まな板を盾に持ち

時には靴も履いたまま




突然投げつけて来る物を、盾で避け

投げつけられる、テーブルや椅子を

靴の裏で受ける




腕や、足にサポーター

新聞を巻いて




歯を折られても

血だらけでも



医者にも行かず!

(行けないから)



我慢して



過ごす







そんな毎日







犬の調教

ライオンの調教

イルカの調教

そんなサイトまで読んだ!



必死



何とかしたかった

ta-sanを元に戻してくださいと願った





持論だけど

1つ分かった




知的障害者を暴力で躾けるなら

その、知的障害者の人生が終わるまで

その、知的障害者には

暴力で指導し続けなければならない





ライオンの調教、ムチの様に!




ムチや暴力より

もっと、もっと強力な武器が有る





褒める事!





ta-sanが身に付けた良い行動は

その全てが

褒められ定着された!





ABAやteachも学び

自分なりに、色々とやったけど!

勿論、良かったと思うけども



結局の所、何が良かったかなんて

わからない?






ただ

ハッキリと四年目の今、1つだけ、わかること





四年前に

1日

300回褒めると決めて

必死に、躍起になって褒めた

わかるのか?わからないのか?

コミニケーションが取れない中

とにかく、褒めて来た



褒めても泣き

叱っても笑う



そんなta-san



四年目の今



褒めると

ニタ〜として

自信に満ちた顔で洋服を畳みます





勿論

叱ることや、躾け、問題行動の消去、代替え

様々と執拗ですが





......褒めること以上の武器は




..................ありませんでした







やっと

そんな事が分かった

ダメダメなpapaです





ta-sanとpapaの事の個人的意見です

不適切な表現を含め

すみませんでした!





しかし、誰か、この変態オヤジと

お茶してくれないかな?

ん〜


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

精神科受診

◎学校の担任先生同伴





ta-sanと定期的に受診している

児童精神科に行きました






担当の医師は女医さんで

口数の少なめな女医さんですが

筋の通った医師で

何となく、チラチラ嫌われている様ですが

papaは大好きです

多分、寄り添い口調では無く

ダメな所は、ダメだと言う

はっきりとした言い方が嫌われるのかな?






でも、papaは

この女医さんの、そういう所が

大変に好きで、助かっています






何に対しても

真剣に相談を聞き

意見交換の出来る女医さんです






子供の事なので

適当に優しくされるよりは

ハッキリと言われる方が良いです!






そして、先日の受診では

学校の担任が同伴してくれたんですが

理由は

学校での対応を

精神科医目線で聴きたい、との事で

同伴されました!




papaは、学校の担任先生に

言いずらい事でも、何でも

担任先生として

ハッキリと言って良いですからと

いつも言っています





そうでないと

療育の共有が出来ないと思っています





なので、担任先生は

精神科医に、はっきりと

ta-sanの暴言や、他害、精神状態など諸々と

学校で悪い時の状態を言い

精神科医とta-sanの事を共有してくれました




本当に、ありがたい事です



そして

女医さんは

精神科医として

学校担任先生に

話をしてくれました





「ta-sanに、もしも病名を付けるとすれば

かなり重い病名を付けることになります

精神科医から見たら、ta-sanは未だ

入院状態です!」






女医さんは、続けました!





「しかしながら、ta-sanは

薬物も極微量の中、学校にも行け

デイにも通い、少しずつ成長もしています

酷い時のta-sanから

ここまで持ち直した事が

私には信じられない事です」




「papaさんと一緒にいるからだと

私は思っています」




「ta-sanを信じるしか有りませんが

私の見立ては

papaと居れば

段々とこのまま

いい方向に行くと思っています」




「しかし

papaさんは

自分を顧みずta-sanに寄り添っています」




「病院は

ta-sanが自立へ向かえる様

サポートをして行きたいと思っています」



「学校もそれをお願いします」



言ってくれました!






対処方法などを先生同士で話し合い

最後に

女医さんが言いました




「私は、ta-sanを入院レベルと見ていますが

何故、あまり強く勧めないかと言うと

ta-sanの場合、入院と言う

papaからの引き離しが有ると

駄目だと思っています」

言っていました




この事は

女医さんから、初めて聞きました




papaも女医さんと同じ意見を

以前のブログにも書いていますが

この、女医さん

ta-sanの事を、ちゃんと見てんな〜と

感心しました




一時間半も時間を使い

学校と病院そしてpapaと意見を

共有して頂き

本当にありがたかったです




そして女医さんは



「学校も、いつでも受診し、相談に来て下さい

勿論、入院が必要だとなった時は

すぐに対処します」




言ってくれました






ta-sanは、私達が話している

一時間半の間に

採血を終えて

看護婦さんと一緒に

キチンと待っていてくれました




沢山、沢山褒めて

皆んなの前で

思いっきり

ハグをしてやりました






◎今日の夕飯








肉じゃがを

頑張って作りました


めちゃくちゃ、うまかった





良し


明日は、頑張って

...........アート記事を書くぞ!..............





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング

お仕事

◎大学にお仕事



昨日は、ta-san

三連休、良く休めた様で

すこぶる調子が良く

朝は自分で起きて

朝ご飯を、モリモリ食べていました




修学旅行、明けだけど

何か、余裕がある感じです




「学校は休みだ、デイに行く」



みたいな事を言っていたけど

そそくさと、車に乗って

学校に行ってくれました?




まあ、そんな訳で

昨日は、早めに仕事へ行けました



夕方も、ギリギリまで

仕事ができる様に

朝、早くから(4時30分)

夕食の下ごしらえを済ませておきました!




だって、だって、だって



仕事先は


女子大学なんですよ


シングルファーザー諸君


羨ましいですか〜







お昼は、休憩も兼ねて学食へ行ってみました

女子と一緒に食べるんです







これで、400円だって

毎日来たいわ〜



安い上に

女子と食べるんですよ

何でも、上手いです!






今日の大学は

障害児育児やら

看護師教育やらだけど!



何何やら!教授も助教授も

皆んな

女子ばっかり




は〜


良かった


良かった




また

すぐに

ここに来よう

元気が出る










◎夕飯













夜は

シャケで、ちゃんちゃん焼きを

頑張って作りました







初めて作りましたが

美味そに、食っていました






◎さいごに












この、スマートウォッチ

papaのウォーキングライフを楽しくする様に

ウキウキして買ったのに

何か、設定も出来ず?



しかも


ta-sanが気に入り

返してくれないのです



あと

ウォッチと言えば

ta-sanは、この頃

目覚し時計を

新たなる

友とした様で

大事にしています?








ta-sanの友達


ダッフィーちゃん

ストーブ

目覚し時計






............................凄いだろ〜






今日はゆっくりと登校させよう!




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

修学旅行生還

◎目次

  • はじめに
  • 生還した
  • さいごに






◎はじめに





ta-sanが修学旅行中は

1人で海に行き釣りをして

ぼ〜と、しながら凄そうと

思っていたけど




癲癇の連絡が有るかな?とか

何か、心配で心配で

釣りに集中出来なそうだし

夜も寝れ無いだろうから

釣りはやめて




睡眠も取らずに


ta-sanが、いない間

ほぼ仕事をしていました



プロジェクトの1つで

美容室を1箇所、完成させて来ました

どうかな?









なので、ブログの観覧とかも

あまり出来ずにすみませんでした





今までは

宿泊学習や、お泊まり行事は

見通しや、体調と精神面など、色々と有り

上手くはいって無かったので

とても心配に送り出しました!




環境変化に敏感で

ビクビクと緊張して、不安症が強く出るので

心配で心配で、しょうがないのです

なんなんでしょうか?

分からないけど





◎生還した





旅行中は連絡も無く、帰宅日を迎え

緊張しながら学校へお迎えに行きました

少し早めに着いたようで

もう、帰りの会を行なっていました




遠目に見ていると

なんだか、楽しそうにしています?



papaも、ニコニコと見ていると

ta-sanがとても大変だった時を

よく知る先生が近ずいて来て

話して下さいました



「とても落ち着き、笑いが絶えず

こんなに楽しむta-sanを見たのは

初めてです!私も嬉しくて

ずっと見ていました

修学旅行が楽しめて本当に、良かったです

papaとta-sanの苦労の賜物ですね

ありがとう御座います」と言われ



驚きと嬉しさが隠せずに

泣いてしまいました😂



帰りの会が終わり

ta-sanの引き渡し時に

担任からも、ta-sanが凄いんですと言い

1人で頑張り、楽しみ、笑うんですと

興奮気味に

私よりも嬉しそうに

報告して下さいました!



本当に、何と言って良いか分からない程

嬉しく

先生方には、感謝しても、しきれません!



また、涙が出ます😭









家に帰り

何やら重たいバックを開けると

御土産が沢山入っていました




そして、前回の記事の

修学旅行準備で書いた

色分けマッチングお着替え袋





上手に使えた様で

洗濯物が分けて入れてありました



まあ、かなりの部分は

先生方の苦労だと思いますが!



混乱無く出来た様で良かったです





そして

御土産が謎です?







山の方へ行ったんで

ぶどうは、正解です

高くて、なかなか買えないですから

とても嬉しいです


お菓子も色々入っていて

見学した所のお菓子や

名物の、御饅頭など

美味しそうで、この辺では

買えませんから、とても嬉しく

楽しみです




そして何か

謎な、御土産があります!









アサリめかぶ?



製造元は、島根県浜田市です!



旅行先には

縁も、ゆかりも無い

遥か、遠い場所の島根県



しかも、ta-sanは



アサリめかぶ



大嫌いです!



写真もあるから

絶対に買わない気がします



何故に


アサリめかぶ?


分からないんです?




考えれば考える程に

面白すぎて

1人で笑っています




でも何故に、これだったのか?


そこは知りたい所です


ta-sanに聞いても

私は、知らぬ存ぜぬ的な顔をして



アサリめかぶ?



これは存在して無い位に

無視なので、諦めました




まぁ、それよりも

自分でこれを選び、買えた事が凄いので

大げさに良く褒めて

ハグを沢山しました








◎さいごに







ta-sanの修学旅行は

前ほどでは無くても

何か、小さな問題が起きると思っていたけど




そうでは無く




また、今回も

成長を感じる良い機会になり

皆んなで楽しく過ごせた事は

俄かにも、私には信じ難い出来事で

私が思うよりも

ta-sanのポテンシャルは、もっと大きく

それに、驚かされ

また、今回の様な様々な成功と可能性に置いて

「諦める」と言う思いは

私には、さらに薄れ

ta-sanと2人で

ゆっくりとゆっくりと、だけど

さらに成長出来るんだと

思えた瞬間でした





重度知的障害、自閉症


世の中の全てが分からず

不安と、恐怖の中生き


二次障害を抱え





死ぬほどの辛さで頑張って来たta-sanです




死ぬ時はpapaと一緒にと思い

そう、決めて

3年間は家の中に2人で篭っても

それまでは、頑張ろうと思い

そう、決めて

生きて来ましたので




今日の

この様な日が来るとは

あの時は、夢にも思えず





今も、信じられずにいます







.................ta-sanて




........................ステキなんです‼︎







ta-sanに寄り添い

教え、教えられ


次なる目標に2人で向かって


papaがいなくなる、その日まで


頑張ろう!


papaは


ta-sanが、大丈夫と確信しました



その日が来るまで

ta-sanの胸にpapaを刻もう!





.............papaがいなくても



.............いつもpapaと一緒.............






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング

アート

◎ケーキアート



まずは、ケーキアートです

papaの食べ物アートは

現代アートと言っても良い様なのです

だって、こないだ

スマニューにアートとして載ったんです?








そしたら、芸術家の匂いがする人から

アクセスが有り

「可愛い」と言っていました




でも、何故かその人のブコメ

突然と全部消えたんです?





papaの

このオムライスアートには

及び、食べ物アートには

芸術性が無いという事かなと思いました

だから、ブコメを削除したんだと思いました





でも、良く考えたら

もしかして

ヤキモチを焼いた〜?

こんなアートがやりたかったぁ〜〜〜

とか

思ったぁ〜〜〜

papaは、ブコメの削除は

こっちの意味だと思います




だって

「可愛い」と言っちゃったからね





そして

ケーキアートと言えば

なんて言ったって

クリスマスケーキ売りの

ガールです





売り子ガールがあってこその

クリスマスケーキです





papaは

クリスマスケーキ売りの

ガールが

好きなんです





ガールあってこその

ガールですよね!





papaは、ガールを見るのが好きなんです










まあ、それはさて置き



papaとta-sanのアート真骨頂と言えば

やはりパンケーキ

もとい

ホットケーキでしょうか








今回は

とぐろケーキ

凄く上手くいっていたのに

熱いうちに

生クリームを塗ってしまい

大事故物件に









大急ぎで

さっさと食べました






お次の

ケーキは

ちゃんと、学習して

冷めてからクリームを塗りました



そして

何故か物語が出来たんです

凄いんです






名付けて


........目玉の行方不明に驚き

..........................顔面が割れるガール





どうぞ、ご覧ください






これが物語の初めです






















貴方を睨みつけていますよ




もう、無理だ

余りにも恐ろしい

身の毛もよだつ、この物語に

恐怖を抱いたなら

ここで断念して

スル〜して下さいね























貴方、もう後戻り出来ませんよ!





































これをアート言わず

何がアートか!











素晴らしい物語


そして


アートとガールの融合


これぞ


現代ガールですよね!
















◎今日のお昼ご飯





今日はta-san

学校は休ませました

昨日は凄く頑張ったので

ちょい充電です



しかし、ta-sanすこぶる調子が良いので

学校に休みの電話をするのに

凄く緊張する




嘘も、方便と言うけど?

まあこれは、冗談ですが

ta-sanは、もう

VIPです











きしめん

ソバカスお鼻の

カルボナーラおばさん










頑張って作りました








◎夜ご飯








久しぶりの

オムライスアート



オムラ〜奈美恵




















だんだんと上手になってきた

このまま行けば

キャラ弁アートも行けそうだ


頑張って作ろう!







この前は

コロッケを作って

アートをしたんです





コロッケさん

オデコのシワがチャーミングね

クチビルもいい感じよ💋
















凄く悩みましたが

公開しました!







だって

ta-sanが笑って食べたんですよ!









◎まとめ






まだまだ

良いアートが有るんですが

今日はこのぐらいにします





最後まで見て頂き心より感謝します

本当にありがとう御座います





明日は、秋だけに

栗アートを🌰

頑張って作ります




しかしアートて何だろう

よく、わからない



きっと



..............幸せという事だろうと思う


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング