重度知的障害、自閉症のta-sanと二人で貧乏脱出

重度知的、自閉症、強度行動障害児と生活しているシングルファーザーです!私達に、助けなど無いと知り、恥を掻いても、みっともない生活でも、希望にかじりつき生きる親子のブログ

夜驚症

久しぶりに、ta-sanの癲癇発作があったので

ta-sanの夜驚症についても

記録して置こうと思います


ta-sanの夜驚症は、癲癇発作と共に

二次障害としてta-sanをとても苦しめました



夜驚症は、睡眠障害の一つとされています

睡眠時から突然起き上がり


酷いパニックを引き起こす

睡眠障害です



ta-sanの場合には、癲癇発作を引き起こす

厄介な障害の一つでもありました



時には、夜驚症なのか、癲癇発作なのか

悪夢障害なのか、何なのか?

素人のpapaには分からず

不安でいたのを覚えています



また、対処の方法など無い中

親が全てを受け入れ

対処をしなければなりません!
(薬物療法は、ありますが危険が無い様
みまもるだけです)




夜驚症は、一般的に3歳から〜7歳の子供が

発症するとあります



ta-sanも、3歳あたりから目立ち始めました

始めの頃は、夜中に薄眼を開けて

大量の汗をかき

心臓の鼓動が大きくなり

5分前後で収まり

また寝てしまう

これを何度か繰り返し、収まりました



この頃は、夜驚症など知らなくて

癲癇発作の、軽いものが頻繁に

起きているという認識でいましいた



ta-sanが、成長して行くに従い

夜驚症にも、変化が出て来ました

小学校五年生ぐらいの時です

夜の睡眠時に、突然!

大声で叫び

壁や、襖、障子に突撃して破壊します

暗闇の中、人を認識して

飛びかかり、他害に及びます!



日本精神神経学会の手引きなどにも

睡眠から突然驚愕覚醒すると言うエピソードの
反復で、通常は恐怖の叫び声で始まり
各、エピソードの中に

強い恐怖

瞳孔散大

呼吸促拍

頻拍

発汗

など、自律神経緊張の微候がある!

他の人が落ち着かせ様にも

反応がかなり悪い!

ta−sanの状態に類以する

記載がされています


子供の夜驚症は、脳の発達途中が原因のため
一般的には、成長と共に症状が落ち着くため
特別、治療は要らないそうです


ta-sanの場合は、やはり発達障害などもあり

治る気配など無く

薬物療法に、頼る他なかった!



ただし、ta-sanの場合は

癲癇発作や、夜驚症

薬物療法が有効であると言えた事が無く

いつも、睡眠時からのパニック、他害及び

癲癇発作の恐怖から

papaは、抜け出せずにいました



一般的に

夜驚症の原因とされるのが

脳の睡眠時における、発達段階の未熟と


又は、心理的な要因

不安感

恐怖心

ストレス

緊張

などが、主な理由だそうです



ta-sanには、もともと睡眠の未熟が有り

更には、環境からの過敏な刺激
(過激なゲーム、テレビ、映画、他)

そして、体罰と言葉の虐待

また、重度の知的障害、自閉症



もう、酷い時には

癲癇発作も、夜驚症も、悪夢障害も

全部一緒に発症している様な感じでした



一般的に見ても、私達が何でも無いことや

良かれと思う事が

彼ら、重度知的障害、自閉症児においては

強い恐怖と不安感を生み出す事があると

papaは、思っています

そして、子供は楽しい思いからも

強い感情が与えられ、夜驚症を発症すると

あります


また、遺伝的な要因もあるようです



ta−sanに、どう対処して来たかは

素人なので余り書きませんが

薬物療法が一つと

寝る前などに刺激を与えないなどです!

そして発症中は、危険が無い様に抑え

観察しながら、耐える!です。


ta−sanの、症状が未だにpapaには

分からず、どの症状にも当てはまり

見分けが、付けにくいですが


我が家の場合には

2人の生活が始まると共に

夜驚症、癲癇発作と、診断された症状は

劇的に収まって行きました!




勿論、ta−sanの体と脳の、成長が大きく

関わっているのですが

環境整備と共に療育を行なって来た事が

大きな、成果だと思います。



因みに、薬物療法は効いたとは言えないと

書いたが、ta−sanの場合

眠剤と共に、基本的な薬物が処方され

又は、プラスされたが

どれも、効いたと思うほどの効果は無く

疑問もありますが



精神科医と癲癇医と共に

話し合い行なってきたので

薬物療法においても今となっては

納得の行くところです。


しかし


夜驚症や、癲癇発作や

様々な睡眠障害が、ありますが

ta−sanの夜驚症、癲癇の始まりは

チックだとされた症状からです



本当に些細な事で、何があるか分かりませんが



彼らは、不安と恐怖の中でも

必死に生きている事は間違いありません


ta−sanの成長と共に

papaも成長して、寄り添って生きます!


チョット、堅っ苦しくなりましたが
今は、かなり
ふざけた生活もしていますから
どうぞよろしくお願いします



因みに、ta−sanまた調子良いです

そして、ニコイチ作戦

失敗に終わりました

種類が多すぎです


自閉症児育児ランキング
にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村