重度知的障害、自閉症のta-sanと二人で

重度知的障害、自閉症、強度行動障害の息子と生活しているシングルファーザーのブログです

強度行動障害の思い出-1

◎はじめに




我が息子と障害者に対して

不適切な言葉が、沢山書いてあります

とても不快な気持ちになります





嫌な人はスルーを、お願いします!





この頃は

このブログが

グーグルから検索されている様で

前の記事に、コメントが付いたりします




検索理由は、様々でしょうが

苦しみの中で、読む人もいるのかな?

私も

以前、苦しくて苦しくて、そうしていました




このブログを始めた頃は

障害児育児と行動障害の記事を思い出しながら

書いていましたが

なんか、思い出すと、ヤッパリ

苦しくて苦しくて

気持ちが凄く落ちて行くのがわかり

辛くて

途中から

変てこりんな記事を書いて

面白がっていました!




でも、それは

私には、とても良い事でした

凄く明るい気持ちになれたし

気分もとても良かったです




くだらない記事に

ブコメやコメントやスターも

沢山付けてもらい

それを見ると

本当に、元気が出ました





いつも、ほとんど1人でいるので

とても嬉しかったです!




ブログを始めて良かったです



ご迷惑をおかけいたしますが

くだらない記事も続けさせて下さいね



皆さま、本当にありがとうございます!



そして、すみません!






そんで、私もそうだったんですが

似たような境遇にある人のブログを読んで

随分共感させて頂き

勇気をもらったり

時には、それをヒントに療育を行なったり

本当に、気持ちの上で助かったわけで



私も、経験したり、思った事を

また、たまには!

書こうかなと思います








◎思い出-1





重度知的障害のta-sanは

強度行動障害と言われてから

四年が経ちました



今は自閉症あるあるで

大変な事も多々ありますが

落ち着いています




四年前は

犬の様に吠え、噛みつき

イノシシの様に走り、何にでも突進し



レンガを掴み

カンズメを投げつけ

食事をテーブルごとひっくり返し

ゴリラの様に暴れる!



テレビも

ストーブも

タンスも

ガラスも

何もかも、一瞬にして破壊する




時には自分さえも破壊




キチガイを初めて見た感じ

親として、何とも言えない気分





家の中に像がいるみたい





一瞬だって

油断できなかった




何が起きるかわからない




私は、いつも家の中で

帽子をかぶり

リュックにクションを詰め

それを背負い



枕や、まな板を盾に持ち

時には靴も履いたまま




突然投げつけて来る物を、盾で避け

投げつけられる、テーブルや椅子を

靴の裏で受ける




腕や、足にサポーター

新聞を巻いて




歯を折られても

血だらけでも



医者にも行かず!

(行けないから)



我慢して



過ごす







そんな毎日







犬の調教

ライオンの調教

イルカの調教

そんなサイトまで読んだ!



必死



何とかしたかった

ta-sanを元に戻してくださいと願った





持論だけど

1つ分かった




知的障害者を暴力で躾けるなら

その、知的障害者の人生が終わるまで

その、知的障害者には

暴力で指導し続けなければならない





ライオンの調教、ムチの様に!




ムチや暴力より

もっと、もっと強力な武器が有る





褒める事!





ta-sanが身に付けた良い行動は

その全てが

褒められ定着された!





ABAやteachも学び

自分なりに、色々とやったけど!

勿論、良かったと思うけども



結局の所、何が良かったかなんて

わからない?






ただ

ハッキリと四年目の今、1つだけ、わかること





四年前に

1日

300回褒めると決めて

必死に、躍起になって褒めた

わかるのか?わからないのか?

コミニケーションが取れない中

とにかく、褒めて来た



褒めても泣き

叱っても笑う



そんなta-san



四年目の今



褒めると

ニタ〜として

自信に満ちた顔で洋服を畳みます





勿論

叱ることや、躾け、問題行動の消去、代替え

様々と執拗ですが





......褒めること以上の武器は




..................ありませんでした







やっと

そんな事が分かった

ダメダメなpapaです





ta-sanとpapaの事の個人的意見です

不適切な表現を含め

すみませんでした!





しかし、誰か、この変態オヤジと

お茶してくれないかな?

ん〜


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


自閉症児育児ランキング